『夏の終わりは髪のダメージがとても大きいこと知っていましたか??』

 

 

 

みなさん。知っていましたか??

 

 

夏の間紫外線を浴びて

ダメージを受けている髪の毛は、

夏の終わりにしっかりケアしておかないと

とてもダメージが出てきます…。

 

 

ケアはしっかりしている!

 

 

っと、思っている方!!

 

ケアしているつもりでも実は

逆効果になっている方法もあるので

注意が必要になるんです!

 

 

紫外線でボロボロになっている髪を

さらに傷めつけるケアをしていたら……

 

 

 

 

今回は、夏の終わりにやりがちだけれど

実は髪を傷めていたNGケア法を

ご紹介していきます!!

 

 

 

 

1,過度なブラッシングを繰り返す

 

ツヤツヤヘアを取り戻すためには、

ブラッシングは必要不可欠!

しかし、

紫外線でキューティクルが

傷んでいる髪の毛にとっては、

ブラッシングは摩擦が強すぎることも……!

 

摩擦によって静電気が発生

キューティクルを傷つける

髪がボロボロに……

 

 

 

 

2,濡れた髪に櫛を入れる

 

トリートメントの浸透を良くしたくて

濡れた髪に櫛を入れてしまう

って事はおりませんか??

実際に濡れた髪にブラシを入れると

指通りが良くなったように感じます。

しかし!

紫外線の影響でダメージを受けている髪は

とっても繊細なのです!

絡まっている毛をほぐしたい時は

硬いブラシではなく

指先で優しくとかしてあげて下さい!

 

 

 

 

3、ブロー剤を使わず乾かす

 

紫外線のダメージを受けている髪の毛は

刺激にとても弱い状態です。

ブロー剤やヘアオイルなどを利用して

刺激を減らしてあげましょう!

ドライヤーの熱の刺激から

保護しながら乾かしてみて下さい!

 

 

image

 

 

 

夏の終わりには、

紫外線のダメージなどを受けて

予想以上に髪が傷んでいるのです。。

いつもより優しいヘアケアを

心がけてくださいね!!

 

 

 

CHROMA 塩田千紘

塩田千紘のプロフィール

 

24時間予約はこちらから←←

CHROMA へアカタログはこちらから←←

 

CHROMA C-LOOPUNITED

〒230-0062

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町22-30 1階

URL https://cu-chroma.jp